AGA対策のために出来ることリスト

agaには遺伝要素が関係していますが、それ以外にも多くの原因があります。これらの原因を解消していくことで、薄毛の進行を遅らせることができます。他の薄毛よりも進行が早いので、放置せずにすぐ対処するのがコツです。agaに悩んでいる男性は、生活バランスが崩れていることが多いため、ここから改善していく必要があるでしょう。原因を特定できない場合は、医療機関で診断を受ければわかります。男性ホルモンの分泌量が多い方はagaのリスクが高いため、若くして薄毛が進行している場合は医療機関で男性ホルモンを抑制する処方薬をもらうのもよいです。セルフケアで対策をしたい場合は、イソフラボンや豆乳などを利用すれば女性ホルモンの割合を増やして薄毛の進行を遅らせることができます。

aga対策のために今すぐ行うべきこと

両親が薄毛の場合は子供も薄毛になる可能性が高く、遺伝性のagaに関しては対処できませんが、それ以外の対策はたくさんあります。遺伝はagaの原因になりますが、それだけでみな薄くなるわけではありません。生活習慣によっては平均程度のボリュームを維持できる人もいるため、最初から諦める必要はないです。aga対策として日常的に行えることは、正しい頭皮・ヘアケアを覚えること、肌のゴールデンタイムを意識して睡眠を取ること、ストレスを溜めないこと、血流をサラサラにすることなどです。自分で体調が思わしくない、不健康だと感じているならここから改善していく必要があります。原因のわからない薄毛に悩まされている場合は、自分で対処しようとしないことです。発毛専門クリニックで検査を受けて、適切な治療を受けてください。

agaはホルモンバランスも影響する

男性型脱毛症と呼ばれるagaは、男性ホルモンの分泌量が多い男性に多く見られる薄毛です。男女で薄毛の症状に差が出てくるのは、この男性ホルモン量の違いが関係しています。つまりは毛深くて精力絶倫という男らしい男性ほど、男性ホルモンの分泌が多くagaになりやすいわけです。ホルモンバランスを整えるためには、医療機関で経口薬の処方を受けるのが一番です。
育毛剤や発毛剤よりも、経口薬のほうがホルモンを抑える効果は高くなっています。民間療法でホルモンバランスを整えるなら、イソフラボンを含有するサプリや豆乳がおすすめです。イソフラボンは女性ホルモンと似た性質があるので、過剰な男性ホルモンを抑えてくれます。つむじ・前頭部が集中的に薄くなっている場合は、agaの可能性が極めて高いです。