治療ができる脱毛症状AGAの治療法を解説

agaの治療法の基本は発毛剤の使用であり、安定した効果が期待できます。発毛剤と比べて当たり外れがなく、どれも一定以上の発毛効果を得られます。医薬品に該当しますが、正しく使用すればほとんどの方は副作用を心配することなく使用できるでしょう。発毛剤の効果を十分に発揮させるためには、頭皮の皮脂コントロールが重要となります。皮脂が増えてくると髪質も縮れてくることが多いので、これをagaの前兆と考えておくといいです。agaかもしれないと感じたら、頭皮に合ったシャンプーで正しい洗髪を行い、発毛剤を使用してマッサージをしていきましょう。抜け毛を正常本数に戻すことが、aga対策の基本となります。発毛剤の効果である産毛の成長は、抜け毛を正常値に戻したあとに現れる効果です。

agaには男性用の発毛剤が効果的

agaは薄毛の中でも進行度が早いため、気づいたら本格的な対策が必要となります。育毛剤よりも効果の高い発毛剤を使用し、抜け毛を止めていくことから始めてください。抜け毛量が若いころから変化していない場合はaga以外の可能性も高いですが、急激に増えている場合はagaを疑ったほうがいいでしょう。抜け毛を正常レベルに戻さないと今以上に薄くなるので、最初から発毛剤を使用するべきです。育毛剤は商品によって効果に差がありますが、発毛剤は医薬品のため安定した効果が期待できます。副作用は育毛剤よりも発生しやすいですが、ほとんどの方は問題なく使用できるでしょう。薬剤師の許可を受けないと購入できない第一類医薬品もありますが、簡単な質問に答えるだけなので病院処方の薬よりも気軽に購入できるでしょう。

agaは皮脂量のコントロールが鍵となる

agaの男性によく見られる症状として、皮脂量が過剰になることがあります。皮脂が多くなると毛穴がつまりやすくなり、さらに抜け毛を促進してしまうわけです。agaになる前兆として肌質がベトベトしてきたり、細くなって縮れてきたりする症状があります。頭皮や髪質の変化はagaの可能性があると認識し、早めの対策が必要となります。発毛剤にも皮脂調整をする成分が含まれていることが多いですが、基本的な対策は食事制限と洗髪です。脂肪を適量に抑える食事を心がけること、頭皮に合ったシャンプーで毛穴までスッキリと洗浄することが大切となります。毛穴に皮脂がつまっていると、育毛成分が毛根まで浸透しません。皮脂量が多い方は市販のクレンジングオイルを使用してみるのも手です。普段はシャンプーのみで洗髪し、頭皮がベタつくときにクレンジングオイルを併用するといいです。