これがAGA?AGAの症状についてご紹介

人によっては薄毛になってしまう人もいますが、特に男性の場合は、男性型脱毛症によって薄毛の症状が進行している場合があります。この男性型脱毛症のことをagaとも呼ばれていますが、原因としては主にホルモンの関係によって、髪の毛の成長が妨げられてしまうという原因が考えられています。そこで、最近ではagaの原因となるホルモンの生成を抑える薬も服用することができるようになってきたので、薄毛の進行を止めたり、再び毛髪を成長させることが可能となってきました。しかし、薄毛の症状がすべてagaであるかどうかはわかりませんから、まずは、どのような症状が起きるのかといった、症状の特徴を知っておくということが大事になってきます。特にagaは早期に対策を行うことによって、薄毛の改善、予防に有効なので、自分の髪の毛の状態をチェックしておくということが大事になってきます。

髪の毛が細くなるのはagaの初期症状の可能性が高い

agaの発症時期としては、個人差がありますが、人によっては20代の頃から初期症状が起こることがあります。では、どのような初期症状が起きるのかというと、まず、頭頂部、あるいは額の生え際あたりの髪の毛が少しずつ細くなり始めるという症状が起きます。また、抜け毛も少しずつ増えていきます。ただし、毛根自体は生きているので、毛が完全に抜け落ちて生えてこないというわけではありません。この時期は完全に薄毛であるとは見られませんが、よく見ると頭部の一部が薄く見えるようになります。特に皮膚の病気などがないのにも関わらずこのような症状が出始めた場合は、agaであると疑ってもよいと考えられます。最近では、クリニックなどで簡単に検査することができるので、一度検査してみるとよいでしょう。

agaの症状はさらに広範囲に進行していく

agaの初期症状が出始めてそのままなにもせずに放っておくと、さらに薄毛の状態は進行していくことになります。どの部分の薄毛が進行していくかによっては、人それぞれパターンがあり、個人差があります。パターンとしては、頭頂部のつむじあたりから髪の毛が薄くなって、頭頂部全体の髪の毛がほとんどなくなってしまうパターン、前頭部から薄毛が進行して、頭頂部に向けて薄くなっていくパターンなどがあります。ただし、後頭部や側頭部の髪の毛に関しては、薄毛が進行するということはほとんどありません。最終的には、後頭部と側頭部以外の髪の毛は、ほとんど産毛の状態で抜けてしまうようになり、頭皮が丸見えの状態になります。このような状態になると、薬による治療なども効果がなくなってしまうので、治療をするのであれば、症状がまだ初期段階の時に行うことが重要になってきます。

ハミルトン・ノーウッド分類とは、米国の医師が分類したAGAの進行を確認する指標のことです。 発毛治療に使われる薬剤ミノキシジルは、脱毛症に効果的! aga治療とは、食生活から睡眠など総合的に改善し発毛を目指す治療です。 円形脱毛症など様々な脱毛症のひとつがagaです。 患者様それぞれの症状に合わせて組み合わせた薬を投与するカクテル療法を行います。 池袋agaクリニックは無料カウンセリング実施中!